• Akiko Tsuruga

"So Cute, So Bad" レビュー The New York City Jazz Record 2017年8月号


The New York City Jazz Record

So Cute, So Bad

Akiko Tsuruga (ATM)

2001年にニューヨークに拠点を移して以来、敦賀明子は次第に頭角を現し、ジャズオルガン奏者として活躍している。大阪で生まれ育った彼女はわずか3歳でオルガンを習い始め、幼い頃からジャズに魅せられる。ドラマーのグラディ・テイトに勧められて渡米を決意し、ロニー・スミスを師に活動を始めた。後者の影響を強く受けたと同時に、ブルース、バラード、ジャズ・スタンダードを演奏する上でほとんどのオルガン奏者がそうであるように、50年代の画期的なジミー・スミスが敦賀の出発点だ。

”So Cute, So Bad”は10作目のリード・アルバムとなる。ロスを中心に活躍しているグラハム・デクター、ジェフ・ハミルトンを迎え、LAのアルバス・ショールームでライブ録音された。ボップ・ギターのデクターは自身もニューヨークで活動しており、ハミルトンはビッグ・バンドのドラマーとして有名だが、自身のトリオを含めた小編成でも同様に安定した演奏で定評がある。

今作品は、ハミルトンのソロも織り交ぜながら敦賀とデクターのソロを中心に、ブルージーでソウルフルな仕上がりになっている。収録曲は、タイトル曲(ミッドテンポのブルース)から”ザ・レディ・イズ・ア・トランプ”へ続き、メロディが印象的なベイビー・フェイス・ウィレットの”フェイス・トゥ・フェイス”、スライド・ハンプトンのスロー・ブルース”フレイム・フォー・ザ・ブルース”、早めのテンポで”ユー・ドント・ノー・ワット・ラブ・イズ”、敦賀の定番”ピーチー”(チャーリー・パーカーの”コンファメーション”のコード進行を入れて)、ボサノヴァ調の”七夕”、そして敦賀の思いがこもったワルツ調の”プリティ・プリーズ”。敦賀は、主旋律やソロをデクターに任せたり、全曲にわたってデクターとの相性が抜群である。

親しみやすく、聞いていて楽しい音楽は、敦賀明子という人そのものを反映している。

So Cute, So Bad

Akiko Tsuruga

By Scott Yanow

Akiko Tsuruga has been one of the top organists in jazz ever since she moved to New York in 2001 although it has taken a little while for her to gain the proper recognition. She was born and raised in Osaka, Japan, started on the organ when she was just three, and was attracted from an early age to straight ahead jazz. Drummer Grady Tate convinced her to move to the U.S. and Dr. Lonnie Smith became her mentor. While she considers Smith to be her main influence, like most organists who play blues, ballads and jazz standards, Jimmy Smith’s innovations in the 1950s were her starting point. Ms. Tsuruga is best known for her long association with Lou Donaldson.

So Cute, So Bad is her tenth album as a leader. It was recorded live at the Alvas Showroom near Los Angeles, teaming her with two of Los Angeles’ top musicians. Graham Dechter is a bop-based guitarist who can hold his own with his New York counterparts while Jeff Hamilton is famous as both a big band drummer and one who sounds equally at home with small combos including his own trio.

The music on So Cute, So Bad swings, is both bluesy and soulful, and features many solos from Tsuruga and Dechter with occasional spots for Hamilton. The repertoire consists of the title cut (a medium-tempo blues), a cooking “The Lady Is A Tramp,” Baby Face Willette’s catchy melody “Face To Face,” the slow Slide Hampton blues “Frame For The Blues,” a faster than usual “You Don’t Know What Love Is,” the organist’s likable “Peachie” (which uses the chord changes of Charlie Parker’s “Confirmation”), the bossa nova flavored “Tanabata,” and Tsuruga’s thoughtful jazz waltz “Pretty Please.” Everything works well with Dechter often taking the melody and sharing solo honors.

The accessible music is easy to enjoy and forms a solid outing for Akiko Tsuruga, Graham Dechter and Jeff Hamilton. AT Records ATM-1002 Akiko Tsuruga, organ; Graham Dechter, guitar; Jeff Hamilton, drums So Cute, So Bad; The Lady Is A Tramp; Face To Face; Frame For The Blues; You Don’t Know What Love Is; Peachie; Tanabata; Pretty Please 57:38 For more information, visit

The New York City Jazz Record

#SoCuteSoBad #Review #AkikoTsuruga #JeffHamiltonDrums #GrahamDechter #グラハムデクター #敦賀明子 #ジェフハミルトン